爪水虫はうつる?治療するなら?

爪水虫はうつる?治療するなら?

爪水虫は、足水虫と同じ白癬菌が原因の為、自分の爪だけでなく他の人へもうつる可能性があります。

 

家族がいる場合、うつる経路はお風呂場やスリッパ、爪水虫の人が使用した後のタオルなどが考えられるので、タオルやスリッパは一緒に使わないようにすることが大切です。

 

例えば、爪水虫がある親と子供が浴槽に浸かった場合、水中でうつるかというと感染はしません。

 

お風呂場でうつるとしたら、スノコやマットなどが考えられます。

 

しかし、身体に白癬菌が付いても直ぐに洗い流せれば、うつることは予防できるので、爪水虫の人が使用したマットを使った場合、最後にしっかり洗うのが理想です。

 

白癬菌は、身体に付着してから24時間くらいの時間をかけて感染していき、その際には高い湿度も必要となるので、乾燥させることが対策に繋がります。

 

(爪水虫の治療をするなら)

 

自分の他の爪や周りの人にうつるのを防ぐ為にも、早めに爪水虫の対処をすることが大切です。

 

薬局やドラッグストアで市販されている水虫薬を、爪水虫に塗っても成分が患部まで届かないので、十分な働きかけができません。

 

通販サイトには爪水虫に働きかけが期待できる商品があり、爪水虫対策をする人の間で通販を利用する人が増えています。

 

通販サイトの中で特に人気が高い商品は、エフゲンやD.rG'sクリアネイル、クリアネイルショットなどです。

 

・エフゲン
角質層にいる白癬菌に働きかける目的でサリチル酸が含まれていて、角質を軟化させたり剥離して有効成分のウンデシレン酸の浸透を助けます。

 

・Dr.G'sクリアネイル
有効成分のトルナフタートが、爪に浸透して白癬菌に働きかけます。
単体での使用より完治セットを使う方が働きかけが期待でき、その分コストは高くなりますが、足全体にアプローチしたい場合向いています。

 

・クリアネイルショット
通販サイトにある商品の中で1番人気が高く、コストパフォーマンスも高い爪水虫ケアアイテムです。

 

爪の表面には親油性の膜があり、油に馴染みやすい特性を持っています。

 

爪の特性を活かし有効成分をオイルに包むことで、爪へ馴染みしつこい原因に働きかけます。

 

(自分に合う爪水虫アイテムで対策)

 

エフゲンやDr.G'sクリアネイル、クリアネイルショットなどの爪水虫ケアアイテムは、それぞれ特徴があり価格にも違いがあります。

 

爪水虫を完治するには、ある程度長い期間ケア商品を使用する必要があるので、予算も考慮して自分に合った商品を選ぶことが大切です。

 

また、毎日継続する場合は使いやすさもポイントになるので、商品毎の使用方法も確認したい部分です。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら