重症化したら爪がはがれる?

重症化したら爪がはがれる?

何年か前に、爪水虫にかかり皮膚科で治療した者です。自分の場合は中度の状態で医者にかかったので、そこまで重症化はしなかったのですが、後からネットで調べてとても怖くなりました。自分が思っていたよりも、爪水虫はずっと怖い病気だったからです。そのときのことを書いてみたいと思います。

 

 最初は爪が白っぽくなり、その周辺の皮膚がごわごわと強ばるような症状がありました。しかし、風呂で洗ったときにちょっとそんな感想を抱くだけで、それほど気になる状態ではありません。自分も、爪水虫などという病気は知りませんでしたので放置していました。

 

 するとだんだん爪自体にぼこぼこと凹凸が現れ、しだいに肥厚化がひどくなりました。普通の爪切りでは切りにくいほどになり、さすがに異常を感じた自分は、ようやく皮膚科に行きました。そのときに写真を見せられたのですが、重症化した爪水虫だと、爪がさらに変形して茶色っぽくなるようです。またあちこち欠けていたりして、甚だしい場合には爪そのものが、腐ってはがれ落ちてしまうのだと知りました。

 

 もらった飲み薬と塗り薬で事なきを得ましたが、治るのに結構時間がかかったことを覚えています。今でも特に汗をかきやすい季節は、丁寧に足を洗い、水虫に感染しないよう気をつけています。

 

 

爪水虫を外科手術で治しました

私はプールが好きで一時期はよく行っていたという事もあり、何かと水虫に感染しやすい環境にいる事が多かったのですが、ある時とうとう水虫になってしまったんです。
ですが、その水虫を放置していたところそれがどんどんと悪化してしまい、同時に痒みの方もどんどん強くなってきていましたので、これはまずいなと思い始めていたんです。

 

そこで、水虫に良いとされる市販薬をいくつか試してみたのですが、一時的な痒みが収まるような感じはするものの、根本的に改善は出来ず、そうしている間にも水虫はどんどん進行してしまいました。

 

水虫で病院に行くのは恥ずかしいなと思いつつも、行かないと治らないという事はわかっていましたので、思い切って病院に行ってみたところ、爪水虫という状況になっていると言われてしまい、外科手術で治した方が良いといわれました。

 

正直、そこまで進行しているのは予想外でしたが、外科手術を受けて治るのならと思い、爪を剥がしてそこに薬を塗るという手術を行い、結果的にそれが良かったのか爪水虫の方は一気に改善していきました。

 

ここまでの手術をせずとも、早めに病院に行っておけば薬だけで済んだと思いますので、これからはなるべく早く病院に行きたいですね。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら