爪水虫をごまかす方法とそんな日々

爪水虫をごまかす方法とそんな日々

妻から「足が臭いです」と悲しいことを言われてしまい、自分が水虫であると気づいたものですが、さて、そんな爪水虫とたたかう日々が始まりました。

 

まずは、臭いをどうにかするということで、こまめに足を洗うことを徹底して、さらにはお医者さんにいただいたアドバイスをもとに、靴を3足用意して、綺麗な状態のものを常に履くことにしました。問題だったのは、会社です。仕事で会社に行くまでは、まったく問題ないのですが、会社での送別会などで、靴を脱いでお座敷での宴会などがあると、ここからが地獄でした。実は、まだ「臭い」と妻に言われている段階であり、治っているわけではなかったので、とにかくごまかす、臭いを他の社員の方に悟られないようにすることに必死でした 。

 

それではどうしたのか、というと、まずはこっそりと宴会会場に行く前にトイレで靴下を綺麗なものに履き替え、もしくは宴会会場のトイレで靴下を履き替え、これをこまめに行いました。ちょっと臭いにも敏感になっていたものですから、宴会で他のみなさんがいい感じに酔っ払ってきた時には、そっとトイレに行き、そこでも靴下を履き替え、つまるところ何足も持ち歩き、そうやってごまかしていました。あとは、まず、とにかく爪水虫は痒かったので、痒みどめも飲むようにしていました。

 

これは、良い感じに効果があり、時折眠気が襲ってくることもありましたが、痒みを抑えてくれることは、本当に助かりました。夏場であると、ついつい、靴下を脱ぎたくなるものですが、そこはサラリーマンとして 最低限の礼儀かな、と自分で思っていたのでとにかく、延々と靴下の履き替えと靴の手入れに専念をしてごまかしておりました。

 

 

爪水虫の改善にザンミーラネイルを利用しました

社会人になって、営業として働きはじめてから、爪が変色するようになりました。最初は蒸れたせいだと思っていましたが、次第に変色の面積が広がってきて、爪水虫かもしれないと不安を抱くようになり、調べてみるとまさにその通りでした。

 

このままにはしておけない、何とかしなければいけないと焦りが生まれたのです。病院に行って診てもらえばいいのですが、行くのは恥ずかしく、自宅で治療する方法を探すことにしました。そこで治療薬を見つけて爪水虫は完治したのですが、見た目の悪さは改善されませんでした。

 

そこで調べて、ザンミーラネイルが爪を健康的で美しいものにしてくれると分かり、試してみることにしました。寝る前に塗るだけでいいのは楽で、続けることができました。最初は変色していた爪の表面が、少しずつですが健康的な色を取り戻すのは嬉しく、ツヤツヤとしてくるのを見るのは嬉しいです。

 

こちらを使い始めてから、一カ月ほどで人に見せても不愉快感のない、自分でも安心して見せられる爪になってくれました。おかげで諦めていたサンダルやオープントゥの靴を履くことができるようになり、さらにペディキュアも楽しめるようになったので、利用して本当に良かったです。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら